更新情報

スカイマークは株取引にもお得

航空会社のスカイマークは、今株価の面からみてもかなりの成長を遂げており非常に先が期待することができるようになっているのです。
航空会社は、それぞれ一定の株を所持している株主には株主優待券というものが配当されるようになっているのですね。

株主優待券は、航空チケットの値段が半額になるということで非常にお得になっているのですが、そもそも株主優待券を配当されるには、株主になる必要がありますね。
そして、それと同時に株価の上がり下がりまで気にしなくてはならなくなるという点にも気をつけなくてはいけません。
自分が使いたい航空会社の株主優待券がほしいからと、株価的には旨味のない航空会社の株価を所持していても結果的には損をしてしまう、ということにもなり得るんですね。
さて、その株価についてですが今ANAでは2000億円を調達するという増資がみられているのです。
この、資金調達によって実は今スカイマークの株を購入するのにとてもお得なのですね。

どういうことかというと、昨今の航空会社の世情にはLCCの登場が大きくかかわっていますね。
このおかげで、現在スカイマークの株価が半分以下まで落ち込んでいるのです。
これだけ見ると、寧ろお買い得どころか寧ろ損をするのではないかと思うかもしれませんね。
しかし、現在はスカイマークというのは業績を見ると寧ろ良好なくらいで、株価の伸び率が非常に高いことを望むことができるのです。
LCCの台頭で、どんどん他の航空会社の株価は下がりつつあるように思えるかもしれませんが、スカイマークというのはその中でもしっかりと純利益をしっかりと保有しているのですね。
なので、今は株主優待券の配当を狙うのはもちろんなのですが、株の投資として利益を生み出すのにスカイマークは非常にいい航空会社、といえるのです。
スカイマークの株主優待券を狙って、株を購入するというよりも株の投資で利益をしっかりと生むためにスカイマークの株を購入する、というような形にするのがお得なんですね。
また、実際に飛行機に乗ることがないから株主優待券なんて配当してもらっても仕方がない、と思う人もいるかもしれませんがそういう人はACチケットなどで株主優待券自体を売りに出してしまえばいいので、結局得しかしないようになっているのですね。
株主優待券は、特に飛行機移動の利用客の数が増えるような時期は非常に高めに売れますので、持っていて損をするということはないということです。